こんばんは、京都ヒトマナビカフェのスタッフ高田亜紀子です。

茶道への挑戦

縁あって、今年の4月から、茶道のお稽古に通っています。

週1回のお稽古ですが、毎回勉強になることばかりです。

お部屋の入り方、挨拶の仕方、歩き方。。。。

お稽古中は体全身の神経を集中させているためか、

余計なことを一切考えないので、足がしびれる余裕もありません(笑)

 

一通のお葉書

先日、祇園祭の前にお稽古を2週連続休んでしまいました。

2週も間が空いてしまうと、感覚が鈍るなぁと、初心者ながらにも

そんなことを感じながら、いざお稽古へ!!!

・・・・お稽古は、お休みでした。

私が2週もお休みをしてしまっていたこともあり、お稽古がお休みであることを

知らずにいたのです。

また、来週から頑張らねば!!!と思っていた矢先、

一通の葉書が届きました。

 

なんと、先生からでした!!!!!!

先生直筆のお葉書には、私がお稽古に足を運んだ事への感謝と、

お休みを伝えられていなかった事へのお詫びの言葉が丁寧に

したためられていました。

 

人生の学び

今、茶道を習いに行ってはいるのですが、それ以上の「ヒト」としての

学びを数え切れないほど頂いていると実感しました。

携帯でもいいような内容かもしれません。

しかし、それを敢えて直筆の葉書を準備する。

何て素敵なんでしょうか。

 

学ぶことは、学術を勉強するだけではなく、

このようなことを学ぶことも、大切だなぁと、実感しました。