京都ヒトマナビカフェの大八木佳奈です。 
ロンドン・オリンピックも昨日で最終日。ついに閉会式を迎えました。

たくさんのメダルと感動とドラマをみせてくれた、今回のオリンピック。

なでしこの銀メダルも、女子バレーボールの銅メダルも、
卓球女子の銅メダルも、その他いろんな日本人選手の活躍するシーンで、
心から感動し、見ている私も心がふるえました。

この心をふるわすものは一体なんなのだろうか。
考えてみると、2つの共通点にいきつきました。

①心底信頼し合える仲間の存在

②その仲間とこれ以上ないくらいベストを尽くし、結果を出すこと
 

また、同時に自分自身にも問いかけました。
自分はこんな風に心が震える何かを、成し遂げようと、前へ進んでいるのか。
そのためにどう努力し、仲間と信頼関係を築こうとしているのか。

日本人選手がみせてくれた、たくさんの感動を、
ただの見物人で終わるのではなくて、次は私自身が、
誰かに感動をつなげていけるように「心がふるえる仕事」をしたい。

そんな風に感じた今回のオリンピックでした。